2006年07月17日(Mon)

「ブレイブ・ストーリー」を観てきました

先週、行けなかったブレイブ・ストーリー。
ファンとしては一足遅れの始動となりました。

ブレイブ・ストーリー オフィシャルサイト

せっかく文庫本を買ったけれど全く読むことなく、番宣の知識のみで観ることになりました。
ただ今考えると、ちょっとだけ予習していったほうがよかったかなぁ。

オフィシャルサイトに、完全攻略ガイドなるコーナーがありました。
これを見てからのほうが、ブレイブ・ストーリーの世界観に入り込みやすいと思うので、
まだ本を読んでいない&映画を観ていないのでしたら、
こちらで少し予習してから映画に入ったほうがいいように思います。

ブレイブ・ストーリー 完全攻略ガイド (オフィシャルサイト内)


以下、感想をちょっとだけ。

ファンタジーな世界。
だけれども、子供たちが抱える、おそらく今の時代ではとてもリアルな現実が描かれていて、アニメ映画としては、今まであまりないタイプの映画じゃないかなぁ、と思う。

すでに番宣なんかで何度か聞いていた、主人公ワタル役の松たか子さんの声は、
期待通り、最初から最後まで完全にワタル少年になっていて、すごく映画の世界に入り込めたし、逆にキ・キーマは、思いっきり大泉洋が出ていて(笑)こっちはそれがかえって良かったなぁ。

とても面白かった。
ただ、もっともっと、この世界観を知りたい!

・・・というのも、ちょっと時間が足りないんですよねー。
本を読んでいない私が言うのもなんですが、映画だとどうしても時間に制限があるから、
おおまかに表現されているシーンが多くて。
はしょりすぎで、展開が早すぎだと感じてしまう。
もう少し、登場人物たち(特にワタルとミツル)の心の葛藤、変化の部分を丁寧に描いてほしかったなぁ。

でもねー、子供たちにもぜひ観てほしい映画なので、
となると、映画館で子供の集中力が続くのは2時間くらいが限度だろうし。
作る側もそんなことはわかっていて、仕方のないおおまかさだったんじゃないかな、とも思います。

さっきも書いたけれど、ぜひぜひ!予習してから映画を観ることをお勧めします。
映画に出てくるキーワードや、勇者の剣の5つの力(宝玉)について知っていたほうが、
より楽しめると思います。


私は明日から本に突入します!
(本を読んだら、また違う感想が出てくるかも・・・)
映画では理解しきれなかった世界観を、本でしっかり感じて、
それからもう一度、DVDが出た頃にじっくりまた観たいと思います。
posted by Haru at 23:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | NACS-雑記
この記事へのコメント
ご覧になりましたねえ。私も同じ感想ですよ。
やっぱりあの大作は、2時間では表現し切れませんよね。諸事情を汲んでも、なお。
私ももう一度原作読んでみようかしら。
Posted by チー at 2006年07月20日 20:51

>チーさん
ありがちなことなんですけど、小説の映画化は、どうしても足りない部分があるんですよねー。
本も読み始めましたよー。かなりゆーっくりですが(^_^;)
読み終わった後の、自分の感想が楽しみです♪
Posted by Haruka@管理人 at 2006年07月22日 01:44

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20944975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。