2006年08月14日(Mon)

イッセー尾形さんとの即興二人芝居

NHK総合 「イッセー尾形の「たった二人の人生ドラマ」3つの不思議な夜@博多屋台」
を見ました。
(以下、引用。from CUE オフィシャルサイト)

※福岡の屋台で出会ってしまった人間の、哀しくもおかしな物語を二人だけで演じる、テレビ二人芝居です。

イッセー尾形・小松政夫
イッセー尾形・石田ゆり子
イッセー尾形・大泉洋    の計3話。


最近、全国区のテレビに出る洋ちゃんに見慣れていて、大丈夫かなぁ?とドキドキすることも少なくなったのですが、今日はちょっと、ドキドキしましたよー。
なんてったって、小松政夫さん、石田ゆり子さんと、ベテランさんと並んでの出演、しかも「即興の二人芝居」ですから。

明日になると更新できるかどうかわからないので・・・
さっそく、見た直後の感想を書いちゃいます。
(ホントにちょっとだけですが。)



即興ってのが、とにかくねー、久しぶりに大丈夫かー?!と、ドキドキさせられましたよ。

必死で次のセリフを考えているところや、イッセーさんの次の出方を想像している顔が、
どうでしょうの企画発表で、何も聞かされていない状況で必死で考えてる、
そのときの顔と同じに見えるんですよー(笑)
(そう思うのは私だけ?)

で、もちろん真面目なお芝居だし、設定もけっして笑えるものではないんですが、
その顔を見るたびに、「おっ、必死で考えてるぞ」と、気になって気になって。
即興ならではの、素の表情なのかなー。

内容は、見ているこっちも先の展開が読めないし、「えー!」と思うことが何度も。
とくにイッセーさんのほうが、「そうくるかっ!」と、びっくりするような切り返しで。
(洋ちゃんも、番組の最後にそんな感想を言ってましたね。)
さすがベテランの余裕なんでしょうか。楽しみながらお芝居をしていらっしゃる感じでした。
まっ、洋ちゃんのほうは、ベテラン相手にそんな余裕は全くなかったようですが。
でも、ドキドキしながらも、二人のやりとりを最後まで楽んで見れました。

こういうお芝居は初めて見ました。
即興ってのも、面白いですね。
また何年後かに、イッセーさん×洋ちゃんの即興芝居を見てみたいです。

すごくいい番組に出れてよかったねー、と、そんな感想でした。
posted by Haru at 00:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | NACS-雑記
この記事へのコメント
見ましたよ〜。即興ドラマだとは思ってなかったので、見てびっくり。かみ合ってたりかみ合ってなかったりの、緊張感!面白い企画ですねえ。他局で鶴瓶さんがやってる(もう終わったかな?)鶴の間を思い出しました。洋ちゃんの半笑い、久しぶりに見られて嬉しかったです(笑)
Posted by チー at 2006年08月15日 20:18

>チーさん
ねー、あの顔はまさに「どうでしょう顔」だなぁ、と。
ちょっときつめのアドリブで、隠し切れない素が現れてしまったのか?!
まだまだですな・・と、素人ツッコミを入れながら、十分楽しみました!
「鶴の間」って、見たことなかったんですけど、そういう番組でしたか。
今度見てみようっと。
Posted by Haruka@管理人 at 2006年08月16日 00:14

度々ごめんなさいね。
訂正をば。「鶴の間」ではなく、「スジナシ」でした。同じく鶴瓶師匠が出ているものです。と言っても、「鶴の間」はその漫才バージョンです。どちらも面白いですよ。ローカルかも・・ですが。
Posted by チー at 2006年08月19日 19:05

>チーさん
おっ、そうでしたか。わざわざありがとうございまーす。
「スジナシ」も聞いたことありますよ。
ローカルですねー。懐かしのCBCテレビ!
実家で見たことあるような気がします。名古屋っぽい番組ですねー(笑)
Posted by Haruka@管理人 at 2006年08月27日 13:08

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。